ちびまる子ちゃん 大野君と杉山君の映画の動画をみたあらすじと感想と評価のまとめ

この記事は約2分で読めます。

ちびまる子ちゃん 大野君と杉山君は1990年の日本の映画です。

仲がよいリーダー的な存在の大野くんと杉山君の友情物語になります。
運動会の騎馬戦が原因で二人の関係が崩れてしまうようになります。

仲がよいリーダー的な存在の大野くんと杉山君の友情物語になります。
運動会の騎馬戦が原因で二人の関係が崩れてしまうようになります。
二人の仲が悪くなってしまったことで、クラスの皆も心配するのです。
険悪な関係が続いたまま合唱コンクールの時期になりました。
歌の上手な大野くんはソロパートを任されるようになったのですが、本番当日風邪をひいてしまい声が出なくなってしまうのです。
そんな時杉山君が変わりにソロパートを歌いこなすのです。
これがきっかけで二人は仲直りするのですが、再び大野くんが転校する問題が発生して二人は気まずい雰囲気になってしまうのです。
大野くんのお別れ会で杉山君はセーラー服を大野くんに渡し、二人の夢だった船長になるのです。

ちびまる子ちゃん 大野君と杉山君のあらすじはこんな感じです。

2学期の席替えで、まる子はガキ大将コンビ大野&杉山と同じ3班になった。人使いが荒くていばっている2人のいたずらや命令にまる子は怯える羽目になる。秋の運動会に備え、大野と杉山は自分たちの白組が勝つようクラス全員を引っ張り、朝からの練習にも余念がない。2人がいれば怖いものなしのはずだったが、その運動会がきっかけで大野と杉山の仲は険悪なムードになってしまう。TVシリーズの大ヒットにより制作された劇場用新作映画。(C) さくらプロダクション / 日本アニメーション

引用元:アマゾンプライム

ちびまる子ちゃん 大野君と杉山君の感想 見放題-55編

この映画の好きな所は、小学生頃の純粋な気持ちを思い出させてくれることです。
大野くんと杉山君を見守るクラスメイトの姿に感動したり、合唱コンクールで歌った大きな古時計がとても良かったなと思ったのが感想です。

ちびまる子ちゃん 大野君と杉山君の評価 見放題-55編

友情にほっこりしたり涙したり友達っていいなと思わせてくれます。
所々に笑いが含まれているのも、ちびまるこちゃんらしくて楽しいと感じられる映画です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました