ショーシャンクの空にの映画の動画のあらすじと感想と評価のまとめ

この記事は約6分で読めます。

ショーシャンクの空には1994年のアメリカの映画です。

スティーヴン・キングの原作を上質な脚本&役者で映像化した至高の名作と感じます。

人気作家スティーブン・キングの中編小説『刑務所のリタ・ヘイワース(Rita Hayworth and Shawshank Redemption)』を監督・脚本はフランク・ダラボンが務め、彼の初監督作品です。

無実の罪で刑務所に入れられた主人公は気の遠くなるような年月をかけて脱出に成功する。
不朽の名作として今に語られている本作は映画ファンの虜にした作品であり、今後も語り継がれるだろう映画であります。

やはり最後のクライマックスに脱出するシーンがスカッとする場面であり、大好きな映画だと思います。
いるべきところにいなかった主人公、逃げることが出来ないであろう独房の中が空になっているその描写や撮影技法は非常に巧みであり、逃げ延びた穴の中からのカメラ目線、ポスターに隠されたその穴からのアングルは私の脳にこびりついています。

全ての伏線が脱出へとつながっており、途方もない年月をかけてその脱出にかける意気込み、そして脱出しただけではなくその後の生活をも成功させてしまう。

ショーシャンクの空にのあらすじはこんな感じです。

妻とその愛人を射殺したとしてショーシャンク刑務所に収容された無実のアンディ。粗暴な刑務主任・ハドリーや囚人たちから暴力を受けながらも、彼は持ち前の親しみやすさと元銀行家の手腕を生かし徐々に信頼を勝ち得ていく。そして20年の月日が流れ…。

引用元:U-NEXT

2019年8月31日 23:59まで配信

U-NEXTの見放題で見ることが出来ます。
価格や情報については、2019年5月12日時点の情報です。
詳しくはU-NEXTの公式サイトで確認してください。

>>> ショーシャンクの空にの動画をみるのはこちら

キャスト・スタッフ
出演
(アンディ) ティム・ロビンス
(レッド (エリス・ボイド)) モーガン・フリーマン
(ヘイウッド) ウィリアム・サドラー
(ウォーデン・サミュエル・ノートン) ボブ・ガントン
(ブルックス・ヘイトレン) ジェームズ・ホイットモア
(バイロン・ハドリー) クランシー・ブラウン
(トミー・ウィリアムズ) ギル・ベローズ
(ボッグス・ダイアモンド) マーク・ロルストン
ジェフリー・デマン
ラリー・ブランデンバーグ
監督 フランク・ダラボン
原作 スティーヴン・キング
音楽 トーマス・ニューマン
脚本 フランク・ダラボン
製作 ニキ・マーヴィン

受賞歴

1995年 アカデミー賞 7部門(作品賞、主演男優賞、脚色賞、撮影賞、編集賞、作曲賞、音響賞)ノミネート
1995年 ゴールデングローブ賞 2部門(男優賞、脚色賞)ノミネート
1995年度 第19回日本アカデミー賞 外国語映画賞
1995年度 キネマ旬報ベストテン 外国映画作品賞、読者選出外国映画監督賞、読者選出外国映画ベスト・テン第1位
1995年度 毎日映画コンクール 外国映画ベストワン賞
1995年度 報知映画賞 外国作品賞

ショーシャンクの空にの感想 見放題-55編

初めて見た時はまだ若かったので特に何とも感じない映画でした。
でも、自分が年齢を重ねて経験を積んでいくとこの映画のシーンが思い出されます。そんなストーリー性が大好きです。特にブルックに感情移入してしまいます。
派手なシーンは殆どないので大人の映画なんだろうなぁ~と今となって思います。
何事に関しても腐らずに希望を捨てないことの重要さを改めて気付かされました。

初めてショーシャンクの空にを見る人だけでなく、一度見た人でももう一度年齢と経験を積み重ねた人にも見て頂きたいなぁ~と感じる映画です。

ショーシャンクの空にの評価 見放題-55編

同時期に『フォレスト・ガンプ』や『パルプ・フィクション』『スピード』が公開され一般の人にショーシャンクの空にはほとんど注目されていませんでした。
でも、批評家達から高い評価を受けていたみたいです。

私も映画でやっているのは知らなくて、友達に薦められてDVDでみてました。

興行収入的とか、受賞に関してはライバル作品が強く少し不運な作品と感じるかもしれませんが次の賞の感じから知る人ぞ知る映画だったと思います。
AFIのアメリカ映画ベスト100(10周年エディション)において72位にランクイン

主人公とあまり関係ないのですが、刑期を終え釈放された老人があまりにも長く刑務所での生活のため、社会に適応できず自分のいるべき場所はここではないとし、世の中から消えていく。
そういった悲しみがサブストーリーとしてあるのは魅力であります。

最初から最後まで「希望」に満ちあふれた映画。物語はもちろん、モーガンフリーマンのいい渋みが効いている。大人になってぜひ見て欲しい。

お気軽に映画をみるならU-NEXTがお得かも
U-NEXTの公式サイトでタイトルを確認するのはこちら

みんなの感想

ショーシャンクの空にのファン 1人目

心が洗われる綺麗な映画。
人間のもつべき豊かさや希望をあらためて感じさせる映画。
刑務所=暗くて罪を犯した者がいる、という漠然としたイメージしかなかったが、その中で繰り広げられる人間模様、人間の感情、刑務所は綺麗なものだけではないがだからこそ、そういった光がとてつもなく人間らしく美しく感じられる映画。

見るタイミングによって感じ方が変わる映画だと思う。私も自分の人生とは何かと悩んでいた時に観た。あまりに有名な映画であまのじゃくの性格もあり、手をつけずにいたが大好きな映画の一つになっている。アンディという人間にとても惹かれた。「何を持って何を求めて生きるか」「必死に生きるか必死に死ぬか」すごく印象に残る言葉だった。人の豊かさや音楽、希望。忘れてはいけないものをあらためて思い出させてくれる。その言葉行動思い、どれだけ人に影響力があるか彼は知っているのだろうか。屋上でお忍びでビールを飲む仲間たちを離れて眺めて微笑むアンディ。私は彼が大好きだ。何か人生の変化を感じたり、変化を求めたりそこに行き着く原点、生きるとは何かを教えてくれる映画。

ショーシャンクの空にのファン 2人目

一生にぜひ一度はみていただきたい映画です。
生きているだけで、人間は幸せであり、絶望なときでも「希望」をもっていれば、なんとかなる。そして、人間は生きていくには、必ず1人ではいきていけず、誰かにたよることになる。

そんな人生観をこの映画では、「赤裸々」に伝えてくれます。
生きているだけ素晴らしい!そんなメッセージが心に響きわたります。

内容は、誤認逮捕で逮捕され刑務所にいれられてしまう1人の若き銀行員が、刑務所という想像もしなかった修羅場で、苦しみながら、苦難をうけながら、そして心が折れそうになりながらも、生き抜く姿をあらわしています。

刑務所といった閉塞された空間で、独り孤独な人間が、友情を形成します。
そこには、あいてが罪人だろうが関係なく、ひとりの相手としと交友します。
主人公には「自分だけ助かりたい」という気持ちはなく、刑務所の罪人は、そんな主人公である元行員と少しずて、心が結ばれていきます。

ひとりぼっちだった元行員に、塀のなかの友人が増え、自分の居場所、希望が差し出します。
塀の中では、「もちつもたれつ」の関係。
ある時、元行員は友人である調達やに「小さなハンマー」をてにいれるようお願いします。
このハンマーが、元行員の今後の人生をかえます。なにもない閉塞された刑務所でも、友人、希望をもてば未来は開ける。

そんな「生きているだけで」素晴らしい人生観を感じることができます。

コメント

  1. […] 1:ショーシャンクの空に […]

タイトルとURLをコピーしました