サマータイムマシン・ブルースの動画はこちら! あらすじ、キャスト、感想のまとめ

サマータイムマシン・ブルース 動画u next おすすめ邦画
この記事は約3分で読めます。

サマータイムマシン・ブルースは、劇団ヨーロッパ企画の第8回公演として2001年8月に初演された上田誠の戯曲を本広克行監督が、瑛太が主演で上野樹里がヒロインで2005年に映画化されました。

瑛太さん、上野樹里さん、ムロツヨシさんの若かりし頃の姿が新鮮で面白い映画です。

サマータイムマシン・ブルースの簡単なあらすじ

真夏で炎天下の中、大学グラウンドで下手な野球を興じているSF研究会の男子部員。一方カメラ部の女子部員がその下手な野球を写真に収める。
汗だくで部室に戻り、一度SF研究会男子部員は銭湯に、カメラ部女子部員はSF研究会に隣接された暗室で現像の作業を行っていたら、突如タイムマシンが現れる。
しょうもないけど真夏の部活動には欠かせない重要なことにタイムマシンを乱用する青春コメディ!

サマータイムマシン・ブルースの感想

頭に内容が入ってきやすい内容になっていて、且つ面白い!
監督は「踊る大捜査線」の本広克行監督!
つい大学生のふとした思い出や、夏を「暑い」と言いながらだらだらしていた学生の頃を思い出し、懐かしい気持ちになります。
頭を使わないで、笑うことができる数少ない映画の1つだと思います。
ながら見や頭を使いたくない時、疲れた時についつい見てしまう好きな映画です。

キャストが瑛太さん・上野樹里さん・ムロツヨシさん・真木よう子さんと豪華です。
2005年の映画なのでキャストが若々しく、新鮮です。特にムロツヨシさんはまだ名が知れ渡っていない時期の映画ですので、そこも見どころの1つです。

サマータイムマシン・ブルースについて

突如現れたタイムマシンをめぐるドタバタを描いた青春SFコメディ

見どころ

人気劇団「ヨーロッパ企画」の同名舞台を、「踊る大捜査線」の本広克行監督が映画化。せっかくのタイムマシンを、くだらない目的のために使うボンクラ学生たちに爆笑必至。

ストーリー

うだるような暑さの夏休み。ある大学のSF研究会の男子学生たちが、グラウンドで下手な野球に興じている。一方、SF研部室の奥にある暗室では、カメラ部の女子部員がグループ展に向けての作業に没頭していた。やがてSF研メンバーが部室に戻ってくるのだが…。
2021年9月30日 23:59まで配信

サマータイムマシン・ブルースのキャスト・スタッフ

出演
(甲本拓馬) 瑛太
(柴田春華) 上野樹里
(新見優) 与座嘉秋
(小泉俊介) 川岡大次郎
(石松大悟) ムロツヨシ
(曽我淳) 永野宗典
(田村明) 本多力
(伊藤唯) 真木よう子
升毅
三上市朗
監督 本広克行
原作 上田誠
音楽 HALFBY
脚本 上田誠
製作 堀部徹 泉英次 藤巻直哉 高野力

タイトルとURLをコピーしました